脱★下請け経営者への道 Vol 2

大手企業の中国から新興国への生産工場シフト少子高齢化、
情報化社会、価値観の多様性etc

パラダイムシフトをどう読むか?

連載の2日目です!

 

脱下請けへの道 あなたの強味は何か?

ソニー、ホンダ、トヨタが創業して成長軌道に
乗ったのは高度経済発展期でした。

物が無い時代に金の卵と言われたベビーブーマー
世代の人口増加に伴い大量に物が売れました。

今は「低度経済停滞期」なのではないでしょうか?
物は溢れ、生産人口世代が減少しています。

これでは、「良い物を安く大量に作って売る」
と言う従来の考え方では通用しません。

「あなたの強みを高く買ってくれるお客さんだけに売る」
へのシフトが必要です。

そのためには、あなたの強みは何か? 
競合との差別化ポイントは何か?

を真剣に探す必要があります。
あなたの強みは必ずあります。

見つからない場合、今のお客さんであなたと懇意にしている方に
「なぜ私から買い続けるのでしょうか?」と質問をしてみましょう。

意外と自分では気づていていない強みが表面化するかもしれません。

理想のお客様(ターゲット)を絞る。

そしてあなたの理想のお客様像(ターゲット)を絞って定めましょう。
絞る事が大事です。

絞ると他のお客が逃げて行くように思えるかもしれませんが
実はターゲットを絞る事で、同じターゲットが表れるのです。

そのターゲットはあなたからしか買いませんので、高く売る事が出来ます。
「万人受け」する商品やサービスは競争相手との
価格競争にさらされ、疲弊するだけです。

ニーズが顕在化して代替がたくさんあるので必ず
他と「比較」されるのです。

多くの事業者はこの様なスタイルでビジネスをしています。
あなたも「あっ これ!これ!」と直感で購入した事が1度位はありますよね。

その時、よそ見をせず購入したと思います。

あなたの強みを見つけ、差別化したらその商品の良さに
未だ気づいていない潜在的な見込み客にアプローチ出来たら、
今まで経験した事が無かった新しい世界が広がる事でしょう!

如何でしたでしょうか?

○今日の問い

あなたの強みは何ですか?

本日もお読み頂きありがとうございました。

ご意見・ご質問受け付けます。

投稿者プロフィール

丸山一樹
丸山一樹
特定非営利活動法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 経営士 丸山未来経営研究所 代表所長 ■ 主な執筆活動 「近代中小企業」(経営者向け専門誌) 「東洋経済オンラインニュース」 http://toyokeizai.net/articles/-/95664 ■ 経営者向け勉強会 決算書を読み解けず、会社のお金の流れにドンブリな経営者に「お金のブロックパズル」を使って視覚的に誰でも一瞬で理解出来る「脱★ドンブリ経営実践セミナー」を定期開催している。 ■経産省認定 経営革新等支援機関(関財金1第587号)