2020年1月23日  WEEK2019参加セミナー「小山町発信 企業の見えざる資産が会社を変える ~ 知的資産経営のススメ~」

概 要

「知的資産」とは目に見えない企業価値であり、企業が持つ強みや価値、その源泉である知的資産(人財、仕組み、ネットワーク)を認識した 経営を実践することは、企業の存続や継続した成長のためには最も重要と言えます。

本セミナーは経済産業省後援知的資産経営推進月間(WEEK2019)のイベントとして毎年参加し4年目を迎えました。静岡県小山町在住の企業から実践状況を発信し、地域の活性化に貢献することを目的に、小山町行政のご支援を受け継続して開催しています。

対 象

1) 中小企業の経営者及び次代を担う方で会社の価値を再認識し、金融機関、顧客等の信頼度、信用度を高める手段を求めている方。

2) 組織の人事、企画担当の方で、企業価値のPRの手段としてあらたな取り組みを検討されている方。

カリキュラム

1) 事例紹介 「丸善食品工業株式会社 富士小山工場」

2) 知的資産経営のススメと今後の進め方
    講師:小山町行政アドバイザー 伊倉 保行 

3) 意見交換

講 師

経営士  伊倉 保行

日本経営士協会首都圏支部付記支部長、同横浜経営支援センター長、知的資産経営認定士、 知的資産経営学会会員、 BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ。 
大学卒業後大手自動車製造会社に入社後35年間海外業務中心に勤務。在職中、第一人者として国内海外の生産拠点(アジア、中東、アフリカの途上国を中心に15拠点余)の事業計画の達成と、高い目標を継続して達成し続ける強い企業体力を造るための支援を実施した。具体的にはビジネスコーチングのノウハウを活用し現地経営層の行動変革を実現した。また、診断ツールの活用による拠点の現状把握とレベルの可視化を図り、拠点のありたい姿を導き、ビジョン・戦略・事業計画の作成及び実行、KPIの設定と進捗まで一貫した支援活動を実行した。2011年退職後、経営コンサルタントとした、日本・海外に於いてセミナーや各種診断、監査を通して企業の組織行動変革支援を実行している。

開催情報

日程令和2年1月23日(木)
19:00~20:00
会 場小山町総合文化会館  
静岡県駿東郡小山町阿多野130
受講料無料
定 員50人
問い合わせ・申し込み方法メールフォームよりお申し込みください。